プロジェクト
技術プロジェクト
担 当
小谷、慶寺
趣旨  技術ドキュメントの充実、NAT基本ルールの構築を通じてNATメンバー全体の技術スキル向上とドキュメントの共有化の推進を図る。
 他プロジェクト、他団体と協力し市民への技術提供を図る。
効果 NAT会員の技術スキルの向上とドキュメントの蓄積。
他団体の協調・協力体制の確立。
実行体制 ネット上でメーリングリスト・掲示板などを用い時間にとらわれず討論を行う。
また定期的にミーティングを開催し、議論を深める。
他団体との合同施策については別途計画する。
日程 時間にとらわれず開催する。(ネット上を中心に展開)
オフラインミーティングも大切にしたい。
場所 ネット上およびPCが使えるミーティング場所。
参加者 NATメンバーからプロジェクトメンバーを募り活動する。
ネット上での議論では会員の皆さんに参加していただき、皆の話題として展開する。
内容 (1) 技術ドキュメントの充実
 ・NAT基本ルールのドキュメント化
   ネチケット → 皆で議論しながら確立する。メールで議論し作り上げる。
   ドキュメント共有のルール → 共有サーバへのドキュメントのUP方法
                     及び維持管理ルールの明文化。
   PC操作支援 → 会員のPC環境からFTPの利用方法の修得支援。
(2) 技術支援
 ・技術情報の提供
   各PJホームページの拡充支援 → PHP、掲示板、HTML
 ・サーバ維持管理支援
   地域PJとの連携による地域サーバの維持管理支援。
  (仕組み構築・運用ルール・メンテナンス)
(3) NAT独自サーバの構築
 事務所移転に伴い、貸サーバと高岡短大サーバにあったNATの情報資産を一元管理するため、新たにサーバを購入し環境を構築する。
実施に向けての課題 なんでも相談対象者の拡大とボランティアとしての責任範囲
業者の方との線引きの必要性
地域ニーズの把握
備考  

戻る